フレアベル SUFRE X

製品情報Product information

DELUXE フレアベル SUFRE X〈スフレ エックス〉3層の新素材がうみだす、理想的な寝姿勢。

アキレス ウレタンフォーム技術を集結

素材メーカーでもあるアキレスは、寝具に最適な新素材を次々に開発してきました。
フレアベルSUFRE X は、その集大成。
SUFRE X をはじめフレアベルシリーズは、筋肉に負担をかけにくいマットレス。
表層に通気性の良い「ムマック」※フォームを採用し、優れた通気性を実現。中間層は、体圧を分散し、寝返りのしやすい「中反発」SUFRE フォーム使用。下層には「瞬反発」フォームを使用することにより、身体をしっかりサポートします。

フレアベル SUFRE X<断面図>

※ムマックとは、ウレタンフォームの気泡にあるフィルム状の膜を取り除き、空気や水を通り易くした無膜ウレタンフォーム。無膜化することによりムレにくくなり、水洗いも可能。

産学協同プロジェクト商品産学協同プロジェクト商品

「寝具に科学を」という理念のもと、早稲田大学 野呂名誉教授が率いる
専門家チームと共にSUFRE Xの検証を実施。

早稲田大学 名誉教授 工学博士 野呂影勇氏

早稲田大学 名誉教授
工学博士

野呂影勇氏

検証1すぐれた体圧分散効果

体圧分布測定結果

体圧分布測定結果

【被験者】男性 168cm 63kg
【測定条件】仰臥姿勢をとり3分後に測定、枕なし

[ 専門家の声 ]

身体の各部位にかかる圧力が分散されており、圧力値が低いことを示す青色が多く見られます。これは、すぐれた体圧分散効果を表します。

検証2理想的な寝姿勢をサポート

とよた整形外科クリニック 豊田耕一郎院長(医学博士)による頚椎、腰椎の寝姿勢検証結果

とよた整形外科クリニック 豊田耕一郎院長(医学博士)による頚椎、腰椎の寝姿勢検証結果

【被験者】男性 168cm 63kg
【測定条件】仰臥姿勢をとり3分後に測定、枕有り

[ 専門家の声 ]

頸椎の彎曲は比較的平坦・腰椎の前弯はかなり保存されており、良好という結果です。マットレスの上では、脊椎の彎曲は、直立時よりやや平坦化が望ましい。上図が示すように、自然な寝姿勢が保たれています。

※上記の試験結果は、測定値であり保証値ではありません。

検証3睡眠計による睡眠効果の測定睡眠計を使用し、被験者の眠りについて測定しました。

深睡眠タイプ 深い睡眠が十分にある睡眠内容です。睡眠時間が標準よりも短めでした。睡眠計による睡眠効果の測定

2週間連続試験 平均値

覚醒 REM 浅睡眠 深睡眠 睡眠時間 睡眠周期 中途覚醒時間 深睡眠潜時 入眠潜時 体動頻度 睡眠効率 深睡眠時間
0.9% 20.3% 59.5% 19.4% 400.1分 103.7分 3.8分 24.3分 7.3分 11.6回 98.5% 76.9分

【被験者】女性 161cm 49kg 【測定条件】TANITA睡眠計SL-504にて測定

※上記の試験結果は、測定値であり保証値ではありません。

フレアベル SUFRE X

[サイズ] 厚さ10cm × 幅 97cm × 長さ195cm
[側地素材] ポリエステル100%
[中 材] ウレタンフォーム

フレアベル SUFRE X


PAGETOP