眠りについてAbout a sleep

人はなぜ眠るのか?

- 睡眠は,身体だけでなく,精神的な疲労を回復するための,大切な時間。
身体の疲れは、横になるだけでもある程度回復できますが、脳は起きている限り働き続けています。睡眠は、体だけでなく、精神的な疲労を回復するための、大切な時間なのです。また、睡眠中には、成長ホルモンの分泌が細胞の新陳代謝を促して皮膚や骨などを成長させ、日中の活動で痛んだ筋肉や内臓などを修復する働きもあるといわれています。
睡眠が量的に不足したり、質的に悪化したりすると、日本人の死因の約6割といわれる生活習慣病のリスクにつながることがわかっています。睡眠時間などに個人差はあっても、人間にとって深い眠りをきちんと取ることが、健康に暮らす大切な条件になるのです。
人はなぜ眠るのか?

more

不眠が引き起こす重要な問題

- 日本人の5人に1人が不眠!?不眠が続くと病気に繋がる恐れも。
不眠が引き起こす重要な問題厚生労働省が実施した調査によると、睡眠に関する問題で困った経験を持つ人は36.4%、現在睡眠に関する問題をかけて困っている人が19.6%と、合わせて5人に1人が睡眠に関する悩みを抱えているという結果が出ています。睡眠不足や睡眠障害による日中の眠気がヒューマンエラーに基づく事故に繋がってしまいます。さらに不眠が続くと、メタボリックシンドロームや高血圧、循環機器疾患などの危険性があるといわれております。また、うつ病のようなこころの病にもつながり、日中の注意力や集中力の低下、頭痛やからだの痛み、消化器系の不調や意欲の低下などを引き起こす可能性があります。
ですが、逆に不眠が解決すればそれらや生活習慣病の予防に繋がると言われており、ぐっすりと眠ることが健康への第一歩となります。だからこそ、近年寝具にこだわって最高の眠りを得たいと考える方が増えてきています。
アキレス自慢の製品はこちらでチェック!

more

質の高い睡眠の為に

- 寝る前の過ごし方が大切。リラックスを心がけて。
睡眠薬代わりの寝酒は、実は逆効果。たとえ寝つきが良くなったように感じても、眠っている間にアルコールが分解されているなど、実は身体は休んでいません。しかも、数時間で分解された後、睡眠が浅くなるとも言われています。眠れない夜は、ホットミルクやハーブティーでリラックスしたり、ゆったりとした音楽を小さくかけることが効果的です。
反対に、眠る直前までスマートフォンやタブレット、パソコン、TVなどを見たり、勉強や激しい運動をするのは禁物。特に、近年就寝のギリギリまでスマートフォンを見ている人が増えていますが、LEDの光が睡眠を促す「メラトニン」というホルモンの分泌を低下させてしまうので、不眠に繋がります。眠る1~2時間前から、脳をリラックスさせるよう心がけましょう。また、日中の適度な運動も効果的です。
質の高い睡眠の為に

more

ぐっすり眠れる環境とは?

- 寝室にちょっと気を遣うだけで、質の良い睡眠につながります。
ぐっすり眠れる環境とは?では、ぐっすり眠るためにはどのような環境で眠るのが良いのでしょうか。例えば、照明。完全に真っ暗にするのが苦手な方でも、適度な暗さにして、点ける照明も明るすぎない、暖かい色味のものにしてください。白っぽい蛍光灯は眠りの妨げになるので良くありません。
次に、室温ですが、人は体温を少しずつ下げながら眠りにつくといわれています。寒すぎても手足の血管が収縮してしまい、皮膚から熱を逃さず体温を保とうとしてしまいますし、反対に暑すぎると、発汗による体温調整がうまくいかず、皮膚から熱が逃げていきません。エアコンを入れて過度に冷やしすぎたり、暖めすぎたりしないように注意しましょう。
このようにちょっとした気遣いで、ぐっすり眠れる環境につながります。もちろん、ぐっすり眠るための1番の重要なのは自分に合った寝具で寝ることです。「自分に合った」というのは、正しい寝姿勢で眠れるもの。あなたは正しい寝姿勢で眠れていますか?
正しい寝姿勢については、こちらで詳しくチェック!

more


PAGETOP